【時短効果】ブログの作業効率を上げるには「型」が肝心

スポンサーリンク
Google
スポンサーリンク

はじめに

突然ですが、あなたはブログ記事を作成するのに何時間、または何日かかりますか?

 

私は、ブログサイト開設当時は、1記事作成するのに数日ほどかかったりしていたので、とても記事を増やしていく事なんて考えられず、ひたすらがむしゃらに、目の前の記事を作り終えるのに必死でした。

 

始めたばかりだからしょうがないのでしょうが、ただ心身を消耗するだけで、非常に効率の悪い作業を続けていたな…と思います。

 

そして、ある程度の記事数をこなしていくと、「記事の構成って、法則があんじゃね?それに従って書いていけば、かなり効率いいじゃん!」という事に気が付いたのです。

 

それからというもの…なんとか『1記事作るのに、数日かかる』という事はなくなりました。

 

その理由は、ブログ記事の構成には、ある「」というものが存在することに気付けたからなのです。

 

そこで今回は、ブログの作業をするうえで、時短効果がある…記事の構成の「」について肝心な事をお伝えしたいと思います。

 

ブログ開設当時の私のように、ブログを始めたばかりの初心者の方で、ブログ記事作成に時間がかかって悩んでいる、あなたの作業効率を上げるお役に立てれば幸いです。

 

作業効率を上げる「型」とは?

まず狙うキーワードが決まったら、見出しを5つ作って下さい。

 

とりあえず、ここでは狙ったキーワードをGoogleとして、読者が下記のように悩んでいるとします。

 

Googleを使いたいけど、Google自体よく分からないし、どんなサービスを提供しているのかな?

はてな

 

そうすると、見出しの内容は

  1. はじめに
  2. Googleとは?
  3. Googleの提供する20個のアプリについて調べた
  4. Googleの提供するアプリを調べて感じたこと
  5. まとめ

って感じにします。

 

Googleは検索エンジン、Googleマップ、g-mail、YouTube以外にも提供しているサービスはあるので、こういった例にしました。

 

そして、それぞれの見出しについて簡単に以下でご説明します。

 

1、はじめに

実際に狙っているキーワードに対する読者が悩んでいる、または困っているであろう問題を投げかけます。

 

起承転結で言うところのにあたる、結構重要な部分で…要は問題提起ですね。

 

例えば…

  • Googleを使うと、より生活が便利で豊かなものになる
  • 私自身もYouTubeがGoogleのサービスだとは知りませんでした
  • 実は、全部で数十個もサービスがあるんです!!

って感じの内容で、読者の心をくすぐって痒くさせると良いです。

 

問題解決に向かっていきつつ読者が解決内容を楽しみにして、読み進めていきたくなるような感じ…、徐々に助走をつけるというイメージで書いて下さい。

 

2、狙ったキーワードの解説(Googleとは?)

ここが意外と飛ばしがちなんです。

 

なぜかというと、あなたはGoogleの事を知っていて「この世に、Googleを知らない人はいないだろう…」と思い込んでいるだけで、「Googleを知らない」という人がいる可能性も大いにあるのです。(極端な例ですが…)

 

丁寧に、お子様や私のような初心者、ご高齢の方に優しく寄り添う感じで説明してほしいです。

 

3、体験談(Googleの提供する20個のアプリについて調べた)

ここでは、読者の悩みに対して、実際に『あなたが何をやったか』を詳細に書いて下さい。

 

そして調べている過程で、どのような事を感じたかや、失敗談なども織り交ぜながら、読者と一緒に手をとって悩みを解決するイメージで書くと、より最後まで読み進めてもらえるでしょう。

 

SEO効果はないかもですが…時折気の利いたユーモアなどがあると、人間味が出て自然とオリジナリティのある記事に仕上がり、読者を楽しい気分にさせることができます。

 

4、体験から感じたこと(Googleの提供するアプリを調べて感じたこと)

ここは、特に体験談と並行して記載しても問題はないですし、むしろ体験談とまとめた方が分かりやすかったり、スッキリするかもです。

 

5、まとめ

まずは、悩みを解決できたか投げかけると良いです。

 

そして、で、悩みを解決したかと思いますが、特に重要なことなどを再度、違った言い回しで簡潔に伝えると良いでしょう。

 

あとは、最後にあなたが+αで、更に読者へ投げかけたい事を書いて、読者があなたのファンになるように書いてください。

 

これだけでは分かりにくいかと思いますので、次項で実際に私の記事を例に挙げてご説明したいと思います。

「型」を利用した私の記事

ここでは実際に「型」を利用して作成した私の記事をご紹介したいと思います。

 

例となる記事は、あなたが今読んでるこの記事です。

 

悩みは、「ブログを作成する時間を短縮して作業効率を上げ、尚且つ上位表示も狙いたい」です。

 

まず、『はじめに』で「ブログ記事作成にどれくらい時間がかかるか?」と問題提起をして、次にブログを作成する時間を短縮するための「」についてご説明しています。(※狙っているキーワードは違うのですが…

 

そして、まさに今実際にやった事を説明しており、感じた事的な内容(ここではアドバイスになるかと思います)と一緒に述べていきます。

 

この記事で体験談は完結してしまいましたが、実際に書く時は、読者が悩んでることに対して問題解決するために、あなたが実際にやった体験談を詳細に書いて下さい。

 

できるだけ細かく、5W1H(誰が、いつ、どこで、何を、なぜ、どのように)に気をつけて詳しく書いていけば、内容に厚みや深みが出てきて、気づけば読者の方も、あなたの作成した記事にどんどん引き込まれていきます。

 

そして恐らくなのですが…この体験談と、そこから感じた事の層を厚くすると、Googleからの評価が上がって、上位表示される可能性も極めて高くなるのではないかと思います。(※100%確定ではなく、あくまで推測ですみません。上位表示はだという説もあるので…)

 

まとめ

以上、ブログの作業をするうえで、時短効果のある「」について肝心な事をお伝えしましたが、お役に立てそうでしょうか?

 

人によって、ブログのやり方はそれぞれありますが、とりあえず私も初心者なので、初心者用ということで基礎的な感じで、ご説明してきました。

 

ただ、例に挙げた通り体験談を書く方が、本を読んで記事を作成するより断然に良いです

 

そして、恐らくこの「」については初心者の私ですら気づけたので、誰でも気づく事は簡単だと感じており…肝心なのは、この先だと思います。

 

それは、どれだけインパクトのある体験か?

その体験をどうやってオリジナリティを出しながら面白い文章で読者に伝えるか?

だと思いますので、それが出来てコツを掴んだら、また、随時発信していきたいと思います

 

あなたがブログ記事作成するにあったて、時間短縮できて上位表示されるのに一役買えることを願っております。

 

Google
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たすくをフォローする
スポンサーリンク
Tasublog

コメント