【脱!ネガティブ思考】自信を持つために肝心な克服法

スポンサーリンク
マインド
スポンサーリンク

はじめに

突然ですが、あなたは自分に自信がありますか?

 

もし、「自分に自信がない…」という事でしたら、以下のような3つの思考をお持ちではありませんか?

 

  1. 容姿が他人より劣っていると感じている
  2. 他人にどう思われているか気になる
  3. 物事をネガティブに考えるクセがある

 

これらは全て自信を持つにあたって、それを阻害する要因なのです。

 

私も以前は、この3つの思考が頭の中を常に巡って自信を持てずにいたのですが、ある事に気をつけて実行していくと、自信を持てた…とまではいかないのですが、「自信がなくなる、ネガティブ思考」が、頭を巡る事は無くなりました。

 

そこで今回は、自信が持てなくなる3つのネガティブな思考について、自信を持てない原因とそれを克服するために私がやった事を、お伝えいたします。

 

もし自信が持てないのでしたら、どうかお役に立てて頂きたいです。

 

自信が持てない原因について

まず、先にお伝えした3つのネガティブな思考によって自信が持てない原因について、それぞれ詳細にお伝えいたします。

 

1、容姿が他人より劣っていると感じている

まず、これが自信を持てなくなる1番でかい原因だと思います。

 

自分に自信を持とうとしても、ある時…容姿のせいで、好きな相手にフラれたりなんかして、その思いが打ち砕かれた結果…その反動で『余計に自信を持てなくった』なんて人も少なくはないと思います。

 

目が細い、体がふくよか、など種類は人それぞれあると思いますが…要はコンプレックスですね。

 

これは、劣等感とも言われるもので、無意識に自分と他人を比べて、自分の方が他人より劣っていると感じ、精神的にダメージを負って苦しむ事わけです。

 

他人から軽蔑されている」や「異性から好かれてない」と…誰もあなたに対してそんな事を思ってないのに、自分で自分を追い詰めていくのです。

 

こういった感情が強くなり過ぎると、人付き合いが悪くなって、知人や友人までも会うのを避けるようになり、場合によっては自宅から出ることすらも恐怖に感じ、引きこもりがちになってしまったり…と深刻な問題を抱えてしまいます。

 

2、他人にどう思われているか気になる

まず、自分のことをどう思っているか?という事に関して、以下のように2つに分類されます。

 

私的自己意識自分の感情や気持ち、欲求などを大事にする
公的自己意識他人からどう思われているか?」を大事にする

 

この、公的自己意識が強すぎる人が、この項目に該当する人で、何をしても必要以上に周囲の反応を気にしてしまいます。

 

人と話していて「気の障るようなことを言ったりしてはいけない」や「失敗をしてはいけない」という気持ちが強すぎて、そう思えば思うほど、ますますパニック的な状態に陥るという悪循環が発生します。

 

だんだん、意識的に『人と関わるのが苦手』と感じてくるので、通常時に出来ているふるまいなどが、いざ人と対峙した時になぜだか、全くできなくなります。

 

また、周囲の意見に同調して自分の意見を抑えているので、欲求不満の状態が続いて、その結果、周囲に過剰なまでに気を使い、人間関係に振り回され、顔色を伺うことに神経を使いすぎると、対人恐怖症になってしまう可能性があるのです。

 

よくある場面を例に挙げますと、学校や職場などの集団の場に『なじめない』と感じるのは、この過剰な公的自己意識が原因だからです。

 

3、物事をネガティブに考えるクセがある

この原因は、ちょっと何か良くないことがあると、すぐにふさぎ込んで、強い不安に襲われ、どんどん悪い方へと自動的に、考えが及んでしまうことです。

 

さらに詳しく言うと…無意識のうちに頭の中で、とある連鎖反応みたいな流れが、勝手に思い浮かんでくるせいなので、なかなかコントロールする事は難しいかと思います

 

その連鎖反応の流れを、身近な出来事で例に挙げてみます。

 

例えば仕事において、ちょっとミスしただけで

どうしよう

失敗した

怒られる

私は失敗ばかり

やっぱり何をやってもダメだ

私はどうしようもない人間だ

 

こういった悪い思考の連鎖ができてしまい、しかも割と早い速度で最後の「私はどうしようもない人間だ」まで辿り着くかと思います。

 

それぞれの思考の因果関係が確定してないのにも関わらず、ちょっとミスしただけで、自分をどんどん追い詰めていくのです。

 

克服するためにやった事

ここでは、今まで説明してきた自信が持てない原因について、解決するために、実際に私がやっていった方法をお伝えします。

 

1、容姿が他人より劣っていると感じている

容姿のコンプレックスを克服して、自信に繋げることについてですが…

 

人によっては整形して、容姿が良くなり、さらに性格も明るくなって、自信がつき「人生変わった」なんて話をTVでよく見かけるのですが…それ以外の方法でいきたいと思います。

 

そこで、実際にどうすれば良いかと言いますと…やはり努力して改善するしかないのです。

 

私は男性なので、男性の容姿に関してご説明させて頂きたいのですが…ここで説明してしまいますと、重複記事になってしまいますので、大変お手数をおかけするのですが、詳細は下記リンクをご参考にして下さい。

 

そして、女性に関して言いますと、私の個人的見解にはなるのですが…

私は女性から生まれてきたので、もう女性である時点で、それは素晴らしい事だと思っており、「何か改善して下さい」などというのは、非常におこがましい限りです。

 

ただ男性と女性の、どちらに関しても言えることなのですが…他人の容姿を羨んだり、他人の容姿を批判して、自己満足するのは絶対にNGです

容姿がどうこうという以前の問題で、もしこんな人を目の当たりにしたら、決して同調せずにスルーして下さい。

 

2、他人にどう思われているか気になる

これに関しては、他人と関わらずに1人で生きていけば問題ないです。

 

…そんなの無理ですよね?

 

なので荒療治になりますが、やはり人と対峙する回数を無理にでも増やして、慣れていくしかないのです。

 

積極的に周囲と関わっていき…関わるだけでなく、自分の欠点や恥じらっている面を、あなたから先出しして自己開示すると、深い信頼関係を築くことができて、この深い信頼関係が出来てくると、自然とあなたの脳内には「他人からどう思われているか?」の思考が消えていきます。

 

逆に、周囲と関わらずに、時間が経過すればするほど、ますます近づきにくくなるだけなので、早い段階で自己開示して信頼関係を築く必要があります。

 

ここまでは、割と簡単に思いつく内容かもですが、自己開示をする際に、私が特に気を付けてやった事といいますと…

 

男女の性別に関係なく、関わる人、全員に対して「自分はこの人が好きなんだ!」と、自分で自分に思い込ませる一種の洗脳作業というのをやって、好き好きオーラをどんどん放っていきました。

 

そうすると、相手も自然と好意を抱いてくれて、信頼関係も早い段階で築いていけるようになったのです。

 

これは心理学でもある通り「好意の返報性」というものです。

 

恐らく、こんな事はとても恥ずかしくて、苦痛かと思いますが…自分から変わっていかないと、あなたが他人を変える事はできないのです。

 

ただ…物事には例外もあり、関わるべきじゃない人間もいるのです…それについて下記リンクでまとめておりますので、是非ご参考にして下さい。

 

こんな人達に関しても、スルーしてください。

 

3、物事をネガティブに考えるクセがある

ここに関しては、もう一度悪い連鎖反応の流れを説明します。

 

どうしよう

失敗した

怒られる

私は失敗ばかり

やっぱり何をやってもダメだ

どうしようもない人間だ

 

冷静に考えると、確定しているのは「どうしよう」っていう所だけで、それが失敗なのか、怒られるのか、あなたがどうしようもない人間なのかは確定してないのです

 

そこで私は、自動的にこのような流れでネガティブに考えてしまうクセを改善しようと、その連鎖を早い段階で断ち切るべきだと思いました。

 

詳しく説明するために、悪い連鎖反応の一部を下記に抜き出します。

失敗した

怒られる

ここの所についてなのですが、この間には相当な距離がある気がしませんか?

 

早急に対応すれば、怒られないかもしれないし、「失敗は成功の元」ということわざがあるように、その失敗が成功に繋がるための出来事になる可能性も考えられます。

 

なので「失敗した」と感じたなら、早い段階で「怒られる」という方向に進むルートを断ち切って、無理矢理でもポジティブな気分にするために、まず笑う事を心がけました。

 

頭おかしいんじゃないの?

 

と思うかもしれませんが、マイナス思考の連鎖を断ち切るための練習なので…(^^;

ヘラヘラするのとは違いますし、慣れてきたら笑うのは、やめたら良いかと思います。

 

そして早急にミスを報告し、この失敗を何か他に生かせないか?と考えるようにしたのです。

 

ちなみに、ちょっとしたミスくらいで、毎回のように怒られることが確定していて恐怖を抱いているのであれば、それは洗脳されている証拠かもです。

 

そして、その怒ってくる人はパワハラ上司で、その会社はブラック企業の可能性が高いですよ!

 

もしそんな状況なら、ぜひ下記を参考にして下さい。

 

まとめ

自信

以上、自信が持てなくなる3つの思考についての原因と、それを克服するために私がやった方法をお伝えしましたが、お役に立てそうでしょうか?

 

自信を持つための克服法を、もう一度簡潔に述べます。

  • 容姿を気にしてるなら、気にする余裕がなくなるくらい努力して改善してする
  • 周囲の人に対しては、自分から積極的に、関わる人全員に対して好意的な態度をとって信頼関係を深める
  • 自分を追い詰めていく連鎖反応を、早い段階で断ち切って良い方に転換させる。

 

これができれば、まず「自信が持てない」なんて事はなくなります。

 

自信が持てない」という思考が、あなたの中に入り込むスペースがなくなる…というイメージです。

 

もし何か、ちょっとした悪いことが起きて、ネガティブな事がパッと思い浮かんだとしても、冷静になれて

 

ここでネガティブに考えてしまうのを、ポジティブに考えるように変えればいいんだ

 

と、不思議な事に自覚ができるようになります

 

なので、よろしければ、ぜひもう1度見返して頂ければと思います。

 

あなたが少しでも『自分に自信が持てる』ように、変わるお手伝いができたなら幸いです。

 

マインド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たすくをフォローする
スポンサーリンク
Tasublog

コメント