【ブログのタイトル命名術】インパクトあるフレーズと使用例

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

はじめに

タイトルについて悩む

あなたはブログのタイトルを決める時に悩むことはありませんか?

 

私もブログ開設当初は、タイトルをどうしようかと、すごく悩んでおりました。

 

そして悩んだ末…つけたタイトルが、なんかふわっとした感じになったり、いまいちピンと来ないものだったりして、気を落としていました。

 

なぜそんな事になるか考えた結果…恐らくフレーズがイマイチ良くないんだろうと思ったのでいろいろと調べてみました。

 

なので今回は、ブログのタイトルをつけるにあったって、特にフレーズに焦点を当てて、こういった悩みを解決する内容を、お伝えしたいと思います。

 

ブログにタイトルを命名するにあたって重要な事

まず、なぜタイトルが大事かと言いますと、タイトルによってGoogleの検索結果の表示順位が決まると言っても過言ではないからです。(当然、内容も超大事です)

 

その表示順位によって、アクセス数も決まってくるので、それほどタイトルはとても重要なのです。

 

そして、それと同時に…読者にとってもタイトルが真っ先に目に入ってくるため、そこでアクセスするかもタイトル次第で決まるのです。

 

 

例えて言うなら…投稿する記事は、あなたの大事なお子さんで、タイトルをつけることは、そんな大事なお子さんに命名するくらい重要な作業と捉える必要があります。

 

ブログにタイトルを命名するうえで、肝心のフレーズについてですが

  • 「何かズバッと決まるものが、思いつかないな…」
  • 「他の記事と差別化を図るために、何かインパクトがあるものはないかな…」

と思う時があるかと思います。

 

まず、よく読まれる記事のタイトルには、必ずと言って良いほど下記のような要素が含まれております。

 

  • インパクトがあり記憶に残る
  • ついつい気になってしまう
  • 購買意欲をそそられる

 

実際に稼いでるアフィリエイターさんやブロガーさんは、こういった内容に気を付けて、巧みに読者の心理をくすぐって、アクセスを集めたり商品を購入するまでに至らせているのです。

 

「読者に伝えたい内容は何となく思い浮かんでるんだけど、フレーズが出てこない…」

☝なんて経験よくあるかと思います。

 

それを解決すべく、次項にパターン別でインパクトがあって、使えるフレーズをまとめていきます。

 

そして、それと同時に、そのフレーズや使用例を見て『書きたいネタ』や『売りたい商品』などが浮かんでくる…なんていう可能性もありますので、いざという時に活用してもらえたら至福の極みです。

 

さらに、それぞれパターン別でインパクトのあるフレーズを一覧にしたのですが、これはタイトルだけでなく、ブログなどの本文中でも使えますので是非ご参考にして下さい。

 

インパクトのあるフレーズ一覧と使用例

・強調

フレーズ使用例、解説
圧倒的~(例)圧倒的成功を収める方法
(解説)他の追随をも上回ること
~にとにかく強い(例)衝撃にとにかく強い腕時計
(解説)遠回しにせずストレートに表現。
~の最高峰(例)原作シリーズの最高峰
(解説)ある分野で最高レベルだ!というイメージをつける。
~のとっておき(例)緊急時のとっておきレシピ
(解説)いざという時のために大切にしてあるもので、役立つ情報という印象を与える。
惜しみない~(例)惜しみない賞賛を受けた映画
(解説)ためらうことなく全力で持て余すことなく伝える。
究極の~(例)究極の英語学習ツール
(解説)とある分野においてこれほど以上ない極めている印象をつけて価値を高める。
驚異の~(例)驚異の浸透力で美肌効果
(解説)ある要素が驚くほど素晴らしく、注目を集める。
劇的~(例)劇的!ビフォーアフター
(解説)なんだか懐かしさを感じる大人気番組です。
徹底~(例)徹底売り尽くしセール
(解説)中途半端で終わることなく最後まで貫く印象をつける
モーレツに~(例)モーレツに売れてる健康食品
(解説)すごい勢いと激しい印象を与え、さらにインパクトを付け加える。

 

やはりこのジャンルは需要が多く、ブログだけでなく様々なジャンルで1番使われているのではないかと思います。

 

単純にインパクトを与えたいのであれば、ここを使うと手っ取り早いのですが…もうひと工夫あなたのセンスを加えたいところです。

 

 

・稀少性、特別感、入手困難さ

フレーズ使用例、解説
類まれなる~(例)類まれなる感性のデザイン
(解説)「比較するものがない程に、稀少で珍しい」印象を与える。才能や技術と組み合わせると効果的。
本日限りの~(例)本日限りの豪華メニュー
(解説)今日だけの限定性を強調し、価値を高める。
~でしか手に入らない(例)専門業者でしか手に入らない高級食材
(解説)一般のルートでは入手できない事を強調。
幻の~(例)有名パティシエが作る幻のケーキ
(解説)存在することがあまり知られてなく、目にすることも珍しい。
厳選の~(例)プロが使う厳選の食材
(解説)多くのものの中から選りすぐって厳しい基準で選び抜かれた印象を与える。
~ならでは(例)手作りならではの独特な味わい
(解説)ある特別な条件でしか感じる事が出来ないことを強調。
ひとつ上の(例)ひとつ上のステージを体感
(解説)現状よりも価値が少し上にある事をイメージさせ、興味を引かせる。
巧妙な~(例)巧妙な演出に感動
(解説)計算しつくされた、技術や要素が巧みなことを際立たせる。

 

これらは、あなたの勧める商品やサービスが『他にはないもの』であったり、『優れている』という事をアピールする効果があります。

読者に『価値やメリットを実感する』印象を与えたい時に使うと良いでしょう。

 

 

・伝統、歴史

フレーズ使用例、解説
不滅の~(例)永久不滅のブランド力
(解説)時を超えて価値が生きているもので、過去から未来まで長く続くことを表現。
秘伝の~(例)秘伝の味付けをじっくり堪能
(解説)密かに大切に、守り続けられてきたものを表現。
創業以来の~(例)創業以来のノウハウを最大限活用
(解説)長い歴史の中で創業より続いた歴史的な価値や深いこだわりを表現
古き良き~(例)古き良き味わいが、今なお残る街並み
(解説)過去の時代にあったものを思い起こさせ、その時代の素晴らしさを改めて感じさせる
由緒ある~(例)合掌造りの由緒ある外観が、風格を感じさせる
(解説)現在に至るまでの立派な歴史と品格の高さをイメージさせる
~と名高い(例)3ツ星と名高いイタリアンの店
(解説)ある分野で有名であることを、歴史的な意味合いも含めつつ「知名度と品質の高さ」を表現。
(地名)の名門(例)京都の名門料亭を彷彿させる空間
(解説)有名な地名などと、併せて使うことで伝統を感じさせる。
(偉人)も愛した(例)文豪も愛した万年筆
(解説)偉人のイメージを活用し、歴史的背景や価値の意味合いを込める。

 

これらは長年受け継がれて、支持を得ていることを伝えたい時に用いるもので、老舗感や重厚感も出せるので、『貴重なイメージ』がグンとUPします。

 

昔ながらの良いイメージをお借りして、あなたの記事から歴史的価値を感じさせましょう。

 

 

・利便性、お手軽感

フレーズ使用例、解説
~自在の(例)組み合わせ自在のおしゃれコーデ
(解説)対象となるものが「思いのまま」になることを表現。
~するだけ(例)ひと塗りするだけで艶出し可能
(解説)とても簡単だと伝えるために、結果に至るまでに必要な作業を「ひとつだけ」という印象を与える。
自宅で~(例)自宅で堪能!本格フレンチ
(解説)外出するのが億劫な人間の心理をついて、自分の家でできて、しかも「簡単」だということを伝える。
すぐに使える~(例)すぐに使える英語基本講座
(解説)より簡単に使いこなせると伝えるために「すぐ」とストレートに表現。
無理なく~(例)仕事しながら無理なく習得
(解説)面倒くささや労力がかからない事を表現。

 

これらは、疑いやすい人間の心理を解消したり、とある分野の初心者に手を出しやすいことをアピールできますので、読者へ簡便性を的確に訴えかけて、そこに価値を見出していただきましょう。

 

絶対にNGな使い方の例は『読むだけ!誰でもすぐ司法試験に合格』です。
そんな方法は絶対ないし、誇張しすぎで…嘘ですよね?
こんな使い方は、SEO的に非常に良くないのでやらないでください。

 

 

・信頼、実績

フレーズ
使用例、解説
~御用達(例)トップモデル御用達の洗顔石鹸
(解説)信頼に値する人や一流の人が使っているという意味を表現して信頼感を高める。
~でおなじみ(例)グルメ雑誌でおなじみの家系ラーメン
(解説)ある分野で名前が多くの人に知られていることを引き合いにする。
~の証(例)この販売数が、お客様愛用の証
(解説)安全、安心を保証する表現。
選ばれ続け~(例)選ばれ続ける理由は品質!
(解説)長い間、実際に選ばれている証拠として用いる。
生涯活かせる~(例)生涯活かせる英語力が習得可能
(解説)一生涯続くほどの長期的な信用を伝える。
不動の人気(例)不動の人気商品!選ばれるにはワケがある
(解説)人気が下がる事がないと訴え、選択する後押しをする。
も認める(例)世界も認める技術力が詰まった液晶テレビ
(解説)世界にも認められるという、ゆるぎない信頼をアピールできる。

 

何と言っても、読者からの信用、信頼は1番重要であり必須なので…まずは、ここを使いこなしてアクセスアップを目指し、購買行動に繋げてみてはいかがでしょうか。

 

 

・重要なことを呼びかける

フレーズ使用例、解説
~が問われる(例)安心感が問われるサポート体制
(解説)問題提起のメッセージを問いかけて気づかせる。
~を左右する(例)毎朝の一杯が、あなたの健康を左右する
(解説)将来を左右するのはこれだ!と方向性を明確に示し、興味を持たせる。
~で勝負(例)アウターで勝負!冬のヘビーローテーションアイテム
(解説)やる気や勇気を奮い立たせて行動を促す。
~するには今!(例)予約するなら今!人気沸騰中の旅行サイト
(解説)行動を促す言葉と「今」というタイミングを強く印象付ける
~要注意(例)肌荒れ要注意!乾燥予防の化粧水
(解説)注意を呼びかけ、その後に解決方法や説明へと誘導する。
いざという時の~(例)いざという時の防災用品
(解説)危機感を煽り、売りたい商品の必要性を気づかせる。
後悔しない~(例)後悔しない家電用品選びのコツ
(解説)
「人は購入した後に後悔はしたくない」という心理を突く。
ズバリ~(例)ズバリこの食感!ふわふわ感がクセになる
(解説)
断定的な表現をすることで注意を引き、そのあと本来伝えたい事を強調。短い言葉を組み合わせると、より歯切れが良くなり効果的。
せっかくなら~(例)ポイント還元!せっかくならお試しあれ
(解説)
「どうせ行動するならこうすべき」と提案する意味合いで、目的の行動へ誘導する。
まだ間に合う(例)まだ間に合う!夏に向けてモテ筋作り
(解説)今から始めても間に合うと呼びかけ、安心感を与えて行動するきっかけにする。

 

読者は自分にとって、有益な情報とそうでない情報を明確に分類して有益な情報だけを取り込もうとします。

 

そこで1番重要なのは、提供する情報が「有益なんだ」と呼びかけて気づかせることで…単純に呼びかけた後で価値があることを伝える方法と、呼びかけたあとに心にある悩みや不安を刺激する方法もあります。

 

そういった、いろいろな要素をうまく組み合わせると、より効果が増します。

 

 

・欲求、願望

フレーズ使用例、解説
~効果に期待!(例)体内からの発汗効果に期待!食事前に飲むだけ
(解説)
「こんな効果があればいいな」と思っている理想を目立たせて願望を刺激する。
~したくなる(例)外出したくなる、パステル調の春ワンピ
(解説)
願望となっていることに注意を引きつけ、感情へ訴える。
~度アップ(例)好感度アップの清潔スタイル
(解説)
理想に近づくことを一種の度合いで示して興味を引く。
~に変身(例)スタイリッシュに変身!洗礼コーディネート
(解説)
理想的な姿に変われることをほのめかし、具体化することで「変身願望」を刺激する。
~を堪能(例)最新機能を堪能!新作スマートフォン
(解説)
憧れている物や手に入れたい物を存分に、楽しめる印象を与える。
~心をくすぐる(例)乙女心をくすぐる大放出バーゲン!
(解説)
心の奥に眠っている願望を呼び起こし、購買行動を促す。
一度使えば~(例)一度使えばクセになるフィット感
(解説)
使用後の実感と併せて表現し、意欲を増幅させる。
快適~(例)快適な空の旅は、航空会社選びから
(解説)
生活周辺に心地良いと感じる部分について、理想的なシーンをイメージさせる。
魅惑の~(例)魅惑の美しさを手に入れる化粧品
(解説)
対象となるものが心を魅了し、ドキドキさせるものであると感じさせる。

 

これらが、読者の抱えている悩みや欲求を「私が解決方法を提案します!」と言わんばかりのインパクトを与える重要なフレーズとなります。

 

使いこなせば、きっとあなたの投稿した記事をクリックしたい気持ちになることでしょう。

 

 

・知的好奇心を煽る

フレーズ使用例、解説
~の仕掛け(例)リピーター客続出の仕掛けを大公開!
(解説)
誰もが知っている仕組みを紹介することで興味を引く。
~の条件(例)失敗しない車選びの条件
(解説)
目的となる事を実現させるために、必要な条件が存在することを提示して好奇心を刺激。
~の秘密(例)面接官が明かす、入社面接必勝の秘密
(解説)
これまで隠してきたことを公開すると公言し、好奇心を刺激。
~を検証(例)塩顔男子が人気の理由を検証
(解説)
ある事柄について真偽を確かめて、結果を伝えることにより信ぴょう性を高める。
~の黄金法則(例)ブログの集客をアップさせる黄金法則
(解説)
ある法則について、とても貴重な黄金をつけ加えて価値あるものにする。
これだけは知っておきたい~(例)これだけは知っておきたい社会人マナー
(解説)
知っておいたほうが良いと煽り注意を引く。

 

人間には物事を探求したい、知識を収集したいという欲が本能として備わっています。

 

また、得た知識を仕事に活かして結果を出してキャリアアップしたり、資格を取ったりするためにとる行動をフレーズで刺激してアクセスアップを狙いましょう。

 

 

・売れている商品をおすすめしたい

フレーズ使用例、解説
~殺到(例)クレーム殺到!品薄状態が続く銘酒
(解説)
人気があまりに高まり過ぎていることをアピール。
~の火付け役(例)パクチーブームの火付け役!日本発上陸
(解説)
ブームや流行の「発端」という、人気の元になったことを表現。
一度は訪れたい~(例)一度は訪れたい紅葉スポット
(解説)
生涯に一度だけでもいいから行ってみたいと行動意欲を刺激。
待望の~(例)待望の2泊3日格安ツアーが復活
(解説)
以前から要望があったにも関わらず、長期間世に出されなかった物がやっと手に入る。
話題独占(例)女性の話題独占!体幹リセットダイエット
(解説)
口コミで話題になったり、ウワサに続出する程に人気があることをアピール。
~が決め手(例)持ち手のかわいいデザインが決め手!
(解説)
ある特徴が購入に至る、最後のひと押しとなってることをストレートに訴える。
飽きの来ない~(例)長年使っても、飽きのこない使い心地
(解説)
長く愛用できることを伝える
イチオシ(例)セレブに話題のイチオシ輸入家具
(解説)
おすすめしたい事をポップに表現。

 

スーパーやホームセンターの売り場で、実際に見受けられるように『客が客を呼ぶ』というものがあり、売れてるものや、皆が欲しがっている人気のある物には興味をそそられます。

 

私も手に入れて満足したい」という読者の心をくすぐって、購買行動へと導いていきましょう。

 

 

・お得感、無料提供

フレーズ使用例、解説
~放題(例)いつでも好きな時に使い放題
(解説)
いくらでも、何回でもできる事をアピール。
~ポッキリ(例)千円ポッキリで、このサービス
(解説)
とある金額で支払いは充分で、それ以上の負担の必要がないため安心感を与え、価格の安さを伝える。
ご奉仕~(例)会員様限定、ご奉仕キャンペーン
(解説)
感謝の意味を込めて、価格以上の価値を植え付けて購買意欲を煽る。
破格の~(例)破格のプライスで出血大サービス
(解説)
例外的、規格外の価格を「驚き」も含ませアピールする。
今回限り無料で~
(例)無料お試し企画!今回限り無料でお試し下さい
(解説)
無料提供が今回だけという限定感をアピール。
~しかも無料
(例)こんなに特典がついて、しかも無料!
(解説)
無料とは思えない程のメリットを提供する。提供する物の価値を説明しつつ、さらに無料をアピールして引き付ける。
~無料体験
(例)期間限定、脱毛1回無料体験
(解説)
サービスなどが無料で体験できるとストレートに訴える。
モニターキャンペーン
(例)オープン記念モニターキャンペーン
(解説)
「モニター募集」という理由をつけ、価値あるものを無料で提供できる印象を与える。
もらわなきゃ損
(例)1日10名限定!無料サンプルもらわなきゃ損!
(解説)
無償で提供しているものを手に入れないと「逆に損をする」と表現することで行動を促す。

 

読者は常に、安価で悩みを解消したり欲求を満たしたいため、お得感を演出するのは超重要で、価格の安さを訴えるには、どう安いのかを、理由づけて明確に示す必要があります

 

理由が明確でないと逆に不信感に繋がるので、低価格提供をアピールするにあたって、的確なフレーズ選びを心掛けましょう。

 

そして、無料提供は最強なので、無料についてのアピール方法は必須で覚えておいた方が良いかと思います。

 

まとめ

脳

以上、ブログのタイトルを命名するにあたって、インパクトあるフレーズと使用例をお伝えいたしましたが、ぜひともご活用いただければ幸いです。

 

記事を投稿するにあたって、基本的には読者の心理を刺激することが重要なのですが…これらのフレーズを使うことにより脳に直接訴えかけて『無意識のうちに行動させる』必要があります。

 

これはあくまで私の体感なのですが、インパクトがあっても「使わない方が良さそう」なフレーズもあるのかなって気がしており…例えば必見とか悪用厳禁とかですね。

 

その理由は、もう長年使い回されているのと、SEO的な観点からすると、あまり好ましくないのかな…って気がしているからです。

実際に私も使ってはいるのですが「今後は控えようかな…」と思っているところです。

 

余談にはなりましたが、ぜひ参考にしていただき、他の記事と差別化を図って下さい。

 

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たすくをフォローする
スポンサーリンク
Tasublog

コメント