Amazonの販売形態と不正レビューが発生する原因との関連性について

スポンサーリンク
Amazon
スポンサーリンク

はじめに

あなたはAmazonで買い物をしますか?

 

Amazonを知らない人は、ほぼいないと思いますし…大多数の人が、ネットで何かを購入する際は必ずと言っていい程、利用していることでしょう。

 

注文すれば数時間後に配達してくれる、これまでは考えられなかったサービスもあったりと…私たちの生活を豊かにしてくれ、私生活では欠かせない存在になってると言っても過言ではないです。

 

しかし同時に…購入して使っててもすぐに壊れたり、使う前から既に故障している…

なんていう経験をしている人もいるかと思います。

 

それは、販売している業者によって…お金儲けのために悪意を持って、レビューを操作してる場合もあり、そのレビューに引っかかったあなたが、不良品を買わされてしまったっていう可能性もあるのです。

 

そこで今回は、Amazonの販売形態と不正レビューが発生する原因とが、どんな関連性があるのかを説明し…

発生した、不正なレビューを”とあるツール”で見抜く方法をお伝えします。

 

購入する?しない?の決め手がレビューだ

って方には…

不正なレビューに惑わされてお金をムダにしないよう、是非ご参考にして頂ければと思います。

 

Amazonの販売形態

Amazonの商品の販売形態は3つあり、それぞれご説明します。

 

1、Retail

自社の倉庫で管理している商品をAmazonが販売、発送するのもで、返品も交換もできます。

 

見分け方は…商品ページで以下のような表示であればRetail商品です。

Amazon商品の販売形態1

 

 

2、FBA(Fulfillment by Amazon)

Amazonの倉庫で商品が管理されて発送も行いますが、販売元が第三者の出品者であるため…返品はできますが、交換はできません。

 

Amazon.co.jpの公式名義で販売されるので、信頼度は相当高くなるため売れやすいという特徴があります。

 

商品ページでの表示は以下です。

Amazon商品の販売形態2

 

 

3、MP(Market Place)

第三者の出品者が販売、発送し…

Amazonは商品ページに掲載するだけで、あとは一切関与しませんので、返品や交換は出品者次第です。

 

一切関与しないと言っても、全額返金保証制度はきちんとあります…

 

ただ、返金保証を使うには…出品者への連絡をしなきゃいけないので、手間はかなり取られます。

 

さらに、出品者が海外の会社って場合もあるので、商品が届くのが1ヶ月かかったり、税関で止まってしまったりなど…1番トラブりやすかったりします。

 

カスタマーサービスに電話したところで…

出品者に、メールか電話して下さい

で終わりますし…

 

電話しようとしても…海外電話になるとエグい料金取られますので、連絡手段はメールのみと考えて問題ないのですが、メールも返って来ない…など色々とあるようです。

 

MP商品で、特に注意した方が良い点は以下です。

  • MPには粗悪品が売られている可能性がある
  • 中国の販売店が増えている
  • 商品のレビューには、サクラが含まれている可能性がある

 

中国』っていうワードを出しておりますが、決して中国製の商品が全て悪いというワケではありませんし、本当に安くて良い商品もあるのでしょうが…って感じです。

 

あとFBAでも、サクラのレビューがある可能性もありますので、特に高価な商品を購入する際は注意が必要です。

 

次項からは…こういった、不正なレビューについて述べていきます

 

Amazonと不正レビューが発生する原因との関連性について

不正レビューが頻発する理由として…

まず、中国との関連性を理解する必要があります。

 

中国では、Amazonと関連している企業が20万社を超えている…と言われており、中には専売企業もあります。

 

要は、Amazonに依存してるという事なので…それが悪意のある業者なら、不正レビューを書いてでも売り上げを上げないといけないって事なのです。

 

しかも、安価に製品を提供できる中国とは相性が良いので、お互いwinwinの関係なんだと予測がつきます。

 

それだけではなく…中国政府はアメリカとの貿易で有利に立ちたいので、アメリカの企業であるAmazonに『お墨付き』を与えているのです。

 

その理由は、アメリカ市場に中国製品を普及させ、売上高の上位に食い込んでおけば…

アメリカが簡単には、中国との貿易関係を切れなくなるからっていう政治的要素も関係してくるんです。

 

その結果、マーケット市場が大きくなれば…製品によっては競合他社が現れるので、自然と消費者は、レビューと価格で「どの商品を購入するか?」を決めるようになります。

 

これが『不正レビュー』が出てくる要因となります。

 

そこで、不正レビューのやり方を以下に2つ挙げ、それぞれ説明します。

 

  1. 不正アカウントでの自作自演レビュー
  2. 0円転売

 

①不正アカウントでの自作自演レビュー

不正なアカウントを作成し、大量の自作自演のレビューを投下するやり方です。

 

数個のレビューしか付いてない商品より…

数百、数千のレビューがついてる商品の方が「信頼度は高い」と思うユーザーの心理を突いた、とても悪質な方法です。

 

不正レビューの業者は、数千の不正なアカウントを開設して…1レビューを数ドル程度で販売して稼ぐってからくりを利用してます。

 

とは言え、このやり方は…すぐにバレて大半のアカウントが消されてしまいます。

 

でも、なぜ全ての不正アカウントが無くならないの?

 

と思うところなのですが…

 

それは、消されたらまた別のアカウントを作り直せば良いからで…業者によっては、数十台のスマホを駆使してやってるみたいです。

 

まさに、イタチごっこですね。

 

 

②0円転売

高評価のレビューが欲しい業者が、お金を稼ぎたい人を募って、集まった人に商品を送り、受けとった人がレビューを書いて転売し、報酬を受け取る…というものです。

 

しかもタチの悪い事に、これは日本人が自身で正式に開設したアカウントでやってるケースが多く、①のように「不正なアカウントと判断して消す」よりは、運営側も対策にとても手間がかかるようです。

 

ただ、これも規約違反なので、最悪…民事訴訟されることもあるのに、副業気分でリスクを知らず、お金欲しさに転売する人が後を絶たないのです。

 

サクラチェッカーで不正レビューを見抜く方法

前の項目で、長々と説明したように…不良品を掴まされた人は、そういったお金欲しさに悪い事をやってる輩の被害者になった…

 

というワケで、商品を購入する側からすれば、とても迷惑な話なのですが…

 

ただ、そんな事を言ってても仕方ないので、私たちユーザー側で『見抜く力』をつけていくしかありません。

 

不正なレビューを見抜いて、不良品を掴まされないように、対策をする事が重要になってくるのですが…

 

まずは、単純にレビューを見て…

  • 星が5や1に偏っている
  • 短文で簡潔だったり、おかしな日本語の文章
  • 投稿日が販売直後に集中している

 

という点に、気をつけて欲しいのすが…これだけで分からない場合もあると思います。

 

そこで、冒頭にお伝えした”とあるツール”を活用するのですが…

それは『サクラチェッカー』というツールです。

 

もし、あなたが欲しい商品のページにて…

 

販売、発送のところに、Amazon以外の業者の名前が載ってる

 

って事でしたら…購入する前にサクラチェッカーで、一度その商品を調べてみて下さい。

 

方法は、とても簡単なのですが…まずサクラチェッカーにアクセスすると、下記の画面になります。

サクラチェッカーで不正レビューを見抜く方法1

 

そして、黄枠の中に商品ページのURLを入れて「Go」をクリックすれば下記のように、欲しい商品の

レビューがサクラかどうかの危険度が出てきます。

サクラチェッカーで不正レビューを見抜く方法2

 

たったこれだけの作業なので、後はご自身で判断してくださいね。

 

まとめ

以上、下記内容でお伝えしました。

  • Amazonの販売形態
  • 不正レビューが発生する原因との関連性について
  • サクラチェッカーで不正レビューを見抜く方法

サクラチェッカーに関しては、かなり精度が高いツールのようです。

 

買い物をするうえで、ひとつの目安として活用して頂き…ぜひ後悔のない有意義なお買い物にして下さい。

 

欲しいものが、やっと見つかった!

 

っていう状況になったとしても…即買いするのではなく、少し冷静になってレビューを見直したり、サクラチェッカーを使って

 

レビューが本当に正しいのか?

 

と、判断材料にしてみるのも手です。

 

そうすれば、安物買いの銭失いなんていう事態を避ける事ができるかもしれません。

 

お役に立てれば幸いです。

 

Amazon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たすくをフォローする
スポンサーリンク
Tasublog

コメント