【人を動かす心理トリガー】影響力の武器~なぜ、人は動かされるのか~を解説

スポンサーリンク
マインド
スポンサーリンク

はじめに

あなたは【影響力の武器~なぜ、人は動かされるのか~ 著:ロバート・チャルディー二】っていう書籍をご存じでしょうか?

 

1984年に発売され世界的ロングセラーになった、人に対しての影響力や人の心を操る『心理トリガー』について書かれているものです。

 

例えば…物を買わせたり、契約を取り付けたりという、行動を起こさせるきっかけを与えるっていう心理テクニックで…

 

ビジネスにおいて、どの業界でも必ずこの心理テクニックを使っていると言っても過言ではありません。

 

この本をよく理解すれば、セールスマンがどのようなテクニックで物を売ってるのかが分かり…

 

さらに、この心理テクニックは…悪どい業者や詐欺師の手法にも使われているので、よく理解しておけば、大半のサギまがいの行為には、騙されにくくなるっていう優れものです。

 

今回は、その中でも特に知っておくべき3つの心理トリガーについて解説していきます。

 

【人を動かす心理トリガー】影響力の武器~なぜ、人は動かされるのか~を解説

1、返報性

何かをしてもらったら、「お返しをしなきゃいけない」と思ってしまう心理トリガーですが…それはビジネスでも活用されております。

 

化粧品の無料サンプルを配ってるのは、まさにその例です。

 

こういった、商品を無料でお客さんに渡して、購買に繋げるって手法は、基本的な手法としてよく使われております。

 

あなたが心優しい人であれば…

無料でもらって大丈夫なの?

 

とか思うかもしれませんが…そう思う人は、あなただけではなく他にもかなりいて、結局多くの人が商品を買ってくれるため、化粧品屋さんの懐は痛まないって算段なのです。

 

さらに、この返報性の威力を言うと…

嫌いな人であったり、欲しくない物をもらっても、多くのお返しをしないといけないって心理を働かせる、劇的な効果があるのです。

 

とは言え…必ずしも全員がすぐにお返しするって事ではなく、徐々にでも「お返ししないといけない」って心理が働いてくるって事です。

 

あと、特にこの手法を悪用した例が、情報商材屋ですが…手法としては

 

無料メルマガに誘導して登録させ、有益な情報をひたすら与えて登録者を信者化していきます。

 

無料でこんなに有益な情報を教えてもらっていいの?

 

なんて気持ちにさせれば…情報商材屋からすると、もうあと一押しって感じで…

 

楽して稼げる自動ツール』なんていうのをちらつかせておけば、登録者はつい買ってしまうのです。

 

こんな競争社会において、無料で何かを配るなんて…後でそれを取り返せるロジックが出来てるって事なので、何か裏があると疑ってかかる必要があります。

 

 

2、一貫性

一度宣言したら、撤回ができなくなってしまうって人間の心理です。

 

人間は誰しも「自分が合理的で、選択した事が間違ってない」と思いたい心理を持っているのですが…もしそれが、間違った選択をした時には大金を失う可能性があるのです。

 

例えば、車の販売店で顧客に価格を大幅に安く提示して…購入する決心をさせ、購入書類を数枚書かせて1日試乗をさせます。

 

こうしているうちに顧客は

自分はいい買い物をした」と思い込んでしまい…

 

そうやって購入を決めた顧客に…あれは別料金とかこれは別費用という風に、どんどん後出しで料金を上乗せしていくので…この時点では、もう購入を撤回する判断をほとんどできないのです。

 

一度購入を決めると、後から悪い条件が出ても「この買い物は正しい!」と自分を否定しない理由をどんどん考えて撤回しない、という心理トリガーで…こうなれば販売側の思うツボなのです。

 

あと、特定の高級ブランド品を買う時にも、一貫性の心理が働きます。

 

特に欲しくもないのに、ブランドのバックはセレブの証だ!という事で何となく購入してしまった時に…

 

心の中では

大金を出して買うまでなかったな

もっと安くて実用性があるのもあったな

なんて思っても…

 

大金を支払ったし、自分を否定するような行動には及びたくないので…

 

自然と、その特定の高級ブランド品の良い情報だけを集めるようになって、気付いたら…そのブランドの信者になっていたりするのです。

 

そうなれば…売る側からすると、他のブランドに浮気しない最高のお客さんとなるワケなのです。

 

あと、ひと昔前で言えば…不動産投資なんかで、悪用してセールスしている例がありました。

 

最初に、経費や税金を抜いた、安い見積もりの不動産を提示しといて…いざ契約の手続きを進めていく際に、次々と後出しで追加費用を提示してきます。

 

周りの家族や友人にも…

これから不動産投資で稼ぐ

なんて公言してしまっていれば、完全に発言を撤回できません。

 

プラス

自分は間違った判断はしてない!

って事で引き下がれずに、結局は高額の契約金や仲介手数料を支払う事になるのです。

 

以上のように、高い買物や契約をする時には、悲惨な状況に陥らないために…

特に一貫性の心理トリガーの仕組みを理解しておくことが必要となるのです。

 

 

3、権威

何か凄いところを1つでも見せられると、言いなりになってしまう…という心理トリガーです。

 

凄いというのは具体的にいうと、ルックスや肩書きです。

 

悪ってワケではないですが…テレビのCMにおいて、美男美女が宣伝要因に起用されているのは、お客さんをルックスっていう権威に翻弄させ購買意欲を煽るためです。

 

肩書きで言うと…警察官の制服を見たら「この人に従わなきゃいけない」って心理になると思います。

 

その心理を利用して警官のフリで演技し、お金をだまし取るサギっていうのが…この心理を悪用した悪質な犯罪なので、絶対に惑わされないでください。

 

それと、現代のネット社会において…この心理をフルに使っている人は、SNS上にもいますので注意してください。

 

例えば、Twitterにいるインフルエンサー風だけであることだけで、お金を稼いでいる人たちですが…

 

この手法は、同じようなインフルエンサー風の人たちで寄り集まって、お互いにフォローし合ってフォロワー数を増やしていきます。

 

SNSで稼ぐ」っていうのが、その類の可能性が高いです。

 

例えば、フォロワーが1万人とかになったら…有料noteなんかで

〇ヶ月でフォロワー1万人にする方法』など謳い、フォロワーを増やしたい人からお金を取ろうって…恐らく、そういった手法なんだと思われます。

 

お察しの通り、権威っていうのは…ある程度であれば捏造できてしまうので、プロフィール欄が権威のある風な肩書きで埋まっているような人には注意して下さい。

 

まとめ

以上、大ベストセラー、影響力の武器~なぜ、人は動かされるのか~について、特に大事な3つの心理トリガーについてお伝えしました。

 

この心理テクニックを使ってビジネスに活かしてください!

っていうより…

 

まずは、こういった手法で悪い事をする人がいるんだ!

って頭に入れておき、いざって時に騙されないようにする方のが大事かなと思います。

 

分かっていても、咄嗟の出来事だったり、自分の頭にない事だったら…相手の思い通りに行動させられてしまうものなので…

 

特に、購入しようとしているものが、高価なものだとすれば…

それが本当に欲しいものなのか?

心理トリガーを引かれてるだけではないのか?

今一度よく考えて頂きたいなと思います。

 

 

マインド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たすくをフォローする
スポンサーリンク
Tasublog

コメント