【恋愛は惚れたら負け】惚れても必ず負けないマインドシェアの方法

スポンサーリンク
恋愛
スポンサーリンク

はじめに

あなたは『恋愛は惚れたら負け』なんて思いますか?

 

ある異性を好きになってしまい…

 

自分のモノにしたい!

 

と、ひたすら追い続けて…

 

結局は、砕け散ってしまい…

 

あぁどうしよう、終わりだ…

 

こういった状況になったら『負け』という表現は正しいのかもです。

 

相手の事を、どうにかして手に入れたい!

って思えば思うほど、離れて行ってしまうものだと思います。

 

そういった状況をなんとか脱出すべく、今回は…惚れても必ず負けないマインドシェアについてお伝えしたいと思います。

 

ところで私は大昔に、水商売をやっていたのですが…

当時、お客さんにやってた事を、そのままお伝えしようと思います。

 

この方法は、基本的に男性にお伝えするのですが…もしこれを見てるあなたが、女性だという事でしたら…

 

恐らく、内容は不快度MAXの内容となっており…必ず嫌な気分にさせますので、できればページを閉じて頂ければと思います。

 

ただ、今回お伝えする方法を男性に向けてやったら、ほぼイチコロで落ちると思いますので…ご覧になる方は、どうか悪用厳禁でお願いします。

 

惚れても必ず負けないマインドシェアの方法

まず、恋愛におけるマインドシェアについて説明します。

 

マインドシェアは脳内占有率と言って、下記のように…通常時の女性の脳は、仕事や趣味や美容などで埋まってます。

マインドシェア

 

上記のように通常時の状態から、脳内があなたの事で埋まっていくと…脳がその状態を解消しようとして「好き」に変換します。

これを認知的不協和の解消といいます。

 

こういった流れを活用して、相手の脳内をあなたで埋めていけば、あなたの事を好きになって頂けるって流れになるです。

 

 

そしてさらに…好意の矢印と、付き合えるかどうかの関係性について下記に説明します。

好意の矢印と、付き合えるかどうかの関係性

は両思いなので問題ないですよね?

は女性から色々と仕掛けていけば…押されると、男性の気持ちは割と変わるものなので、付き合える可能性は全然あります。

 

問題はなのですが…女性からの気持ちがないと、通常であれば…ほぼ付き合える可能性は無いし、どんどん仕掛けていっても…逆効果って場合がほとんどです。

 

じゃぁ、付き合いたいならどうすればいいか…

いかにして、女性からの好意の矢印を発生させるか?

がカギとなってくるのです。

 

ここで一旦…女性に好きになって頂くために、必要な2点をまとめますね。

 

  1. 女性の脳内をあなたで埋める
  2. 女性からの好意の矢印を発生させる

 

脳内を埋めたら、好きに変わるんじゃないの?

 

って思いますよね?

 

確かにそうなのですが…

今回は、それぞれ少し違った作業となりますし、2つを掛け合わせることで…とてつもない威力を発揮するのでこうしました。

 

 

そこで、実際にこれからやって頂く方法っていうのが…

 

超惚れて超追いかけてる…フリをする

です。

 

そしてここから、あなたが好きな女性をAさんとお呼びします。

 

あと、現在サークルやコミュニティ内で…これから述べていく内容からは、程遠いキャラが、あなたに定着してるなら…

 

恐らく、キャラが大幅に変わってしまうので「恥ずかしい」とか「できるわけがない」って思うでしょう。

 

ただ、そこは…

  • プライドや恥を捨て、徐々にでも変わるか?
  • 新しい出会いを作るか?

 

この二択しかないかと思いますので、好きな方を選択してください。

 

一応…何もせずに現状維持って選択肢は除外しときました。

 

それでは話を戻します。

 

・超惚れて超追いかけてるフリをする

まずAさんを…ひたすら褒めたり、思いの丈を伝えていって下さい。

 

そこで絶対に、気をつけて欲しいのが…使ってOKな言葉と、NGな言葉っていうのがありますので…まとめます。

 

OKNG
・今日も可愛すぎんなー
・Aさんと結婚する人は絶対幸せだわ
・そんな気遣いできる所、好きだわ
・付き合おう
・付き合いたい

OKNGの判断基準をいいますと、生々しさが出るか?出ないか?なんですが…NGはとても生々しいですよね?

 

軽い気持ちで言ったとしても、恐らく相手に引かれて終わりますので注意です。

 

これらはOKな言葉でも、言う人によっては基準が変わる場合があるので…

とりあえず現実味の無さに気をつければ大丈夫です。

 

そしてこれは、あえてAさんの女友達がいる前でやって下さい。

 

その理由は…あなたがひたすら褒めているから「あなたがAさんを、好きなんじゃないか?」って事を女子トークのネタにして、盛り上がってもらうためです。

 

当然、Aさんは女友達にこう言います。

ないない

あり得ない

冗談で言ってるだけだってー

 

しかし、絶対に口にしないのですが…脳はこう思っているのです。

 

本当はどうなんだろ?

 

このあたりから、否定すればするほど…Aさんの脳を占める、あなたの割合が徐々に増えていきます。

 

そして、連絡先を交換しているのでしたら…毎日、決まった時間にLINEか電話で何かしら連絡してください。

 

電話ができるなら

Aさんの声が聞けて、明日からまた頑張れるわー!ありがとう。

って感じで言ったらOKです。

 

もちろんここでも、生々しい発言は絶対NGです!

…せっかくここまできたので、台無しにならないよう気をつけて下さいね。

 

さらに、返信がなくても何度も送ったりしない!って事にも注意して下さい。

 

こんな感じで…褒め続けてマメに連絡するのを1~2週間位ひたすら続けて下さい。

 

第一段階はこれで終わりなのですが、続いての行動は…

 

やってた事を一気にやめて、そっけなくする

 

文字通り、ひたすら褒めたりマメに連絡してたのを、一気にやめて…何事も無かったかのように、そっけなくしてください。

 

見るのもダメですし…自分から話しかけるなんてのは、もっての他です。

 

すると、Aさんの心理はどうなるかといいますと…

 

何で?好きじゃなかったの?

 

矢印の大小はありますが…

この時点で好意の矢印が出てきます。

 

そして、数日くらい経ったら…

そっけない態度をやめて、色々話したり「2人でどっか遊びに行こう」とか誘ってみて下さい。

 

かなり手応えがあるはずです。

 

もし、あなたがそっけなくして…Aさんの好意の矢印が出てこず、距離が離れたままの状況になってしまったとしましょう…

 

今までの内容が普通にできてれば…Aさんに固執せずに、新たな相手を見つけられる、強いメンタルの持ち主になってるはずです。

 

要は、スパっと諦めて次の恋を探すような…男らしい人間に変わってるって事ですね。

 

ここで、フラれたり上手くいかないからって悩んでしまうと『惚れたら負ける』って考えが出てくるので…諦めてサクッと次に行けば『必ず、惚れても負けない』はずです。

 

もし、他のお相手を見つけようって事でしたら…下記の田村淳さんがプロデュースしている、
マッチングサイトを利用してみてはいかがですか?



「内面重視の恋、しませんか?」というスローガンで…参加者全員マスクを付けて顔を隠し、異性を外見からでなく会話で判断して、出逢いを探すというマッチングイベントです。

 

イベントでは、様々な企業とのコラボレーションや、田村淳さん自身が司会進行をしたり、他にも活躍中の人気芸人さんが司会を行い、楽しく参加できるイベントを開催してます。

安全安心に利用ができて、素敵な出会いへと繋がりる事は間違いないです。

 

 

本記事の内容としては、以上ですが…男の水商売なんていうのは、ほぼこういったやり方をする人間しかいなかったのです。

 

いらぬ余談かとは思いますが…一応、その理由について簡単な流れで説明します。

 

今回お伝えした内容をやる

お客さんができる

複数の人にやると、さらにお客さんができる

売上が上がる

収入が増える

 

となるワケですが…

逆に、真面目を貫いたりキャラを変えるのが恥ずかしくて、これをやらなかった人の流れを説明します。

 

今回お伝えした内容をやらない

お客さんができない

ずっとやらないので、さらにお客さんができない

売上が作れない

収入がない

稼げないので辞める

 

となります…すみません余談でした。

 

まとめ

以上、惚れても必ず負けないマインドシェアについてお伝えしましたが…

恋愛は惚れたら負けだと思い続けているのでしたら、やってみると良いのかもです。

 

今まで自己流で、好きな人に対する行動をとってたけど…うまくいかなかった。

って事でしたら、今回お伝えした内容をそのままやってみて下さい。

 

しかし、上手くいったとしても、必ず悪用は厳禁ですので…パートナーが1人出来たら、この方法は綺麗さっぱり忘れて頂ければと思います。

 

悪用すると、天罰が下ります…本当に、良くない事が次々に起こっていくので、気をつけて下さい。

 

冒頭でもお伝えしましたが…これを女性が男性にやると、間違いなく落ちます。

 

ヘタしたらストーカーになる可能性もありますので…どうか、お役に立てないでください。

 

恋愛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たすくをフォローする
スポンサーリンク
Tasublog

コメント