XAMPP、Apache、MySQL必要最低限の設定【2019最新版】

スポンサーリンク
PHP
スポンサーリンク

はじめに

『Pleiades All in One』のインストールは済みましたでしょうか?

 

インストールが済んだら…次はセキュリティなどの設定をしていく必要があります。

 

そこで今回は、2019年最新版のXAMPP、Apache、MySQL必要最低限の設定についてお伝えします。

 

XAMPP、Apache、MySQL必要最低限の設定【2019最新版】

まず、xamppファイルの『xampp_start』をダブルクリックして起動する。

 

次に『xampp_control』を起動する。

※ちなみに、それぞれショートカットを作成して…デスクトップに貼り付けておくと便利です。

 

下記画面が、起動後の画面ですが…まず、Apacheのポートを変更していきます。

 

Apacheポートの変更

青枠①の停止を2つともクリックして、赤枠②構成をクリックする。

Apacheポートの変更1

緑枠のように、初期設定のポートは『80』ですが…80は他のソフトでも使用される事が多くあり、今後ぶつかる可能性があるので『8080』に変更していきます。

 

構成をクリックすると、下記のようになるので…赤枠の『サービスとポート設定』をクリックする。

Apacheポートの変更2

ちなみに、緑枠の所にチェックを入れてれば…コントロールパネルが起動すると同時に、ApacheとMySQLが自動的に起動する設定にできます。

 

サービスとポート設定をクリックすると、下記の画面になるので…赤枠の80を8080に変更して、緑枠の保管をクリックする。

Apacheポートの変更3

その後、コントロールパネルの構成画面の保管もクリックする。

 

さらに、もう一つ変更していきます…

下記の画面で、Apacheの『構成』→Apache(httpd.conf)の順でクリックする。

Apacheポートの変更4

 

 

すると、Apacheの様々な設定が記述されているメモ帳が開きますが…この中にもポートについて記述がされていますので、下記のように変更します。

Apacheポートの変更5

赤丸の部分を8080に変更する。

(#がついた方はコメントなので、変更しなくても良い)

 

8080に変更したら、上書き保存して×閉じして…

コントロールパネルを起動した後の画面でApacheの開始をクリックし、ポート番号が変更されているかを確認する。

 

それと、Apacheの『管理』をクリックして…開いたXAMPP画面のURLが

http://localhost:8080/dashboard/

になってればOKです。

 

MySQLの root ユーザーのパスワード設定

デフォルトでは…パスワードなしで、誰でもMySQL(データベース)にログインできてしまうため…パスワードの設定をする必要があります。

 

まず、前にもお伝えした方法で、コマンドプロンプトを起動して…

cd C:\pleiades\xampp\mysql\bin

を入力してEnterを押し、カレントディレクトリを移動し…

mysqladmin -u root password [任意のパスワード]

を入力しEnterを押す。詳細は👇です。

MySQLの root ユーザーのパスワード設定1

これで、rootユーザーのパスワードが、[任意のパスワード]で設定されました。

 

さらに、下記の赤枠のように『mysql -u root -p』 を入力してEnterし…パスワードを入力してログインできるか確認してみます。

MySQLの root ユーザーのパスワード設定2

こんな感じになれば、正常にパスワードが設定されております。

 

phpMyAdminのパスワードの変更

コントロールパネルのApacheの『管理』をクリックして、localhostに接続。

そして、下記画像の黄枠phpMyAdminをクリックする。

MySQLの root ユーザーのパスワード設定3

 

そしたら、下記のようにエラーが出るかと思います。

MySQLの root ユーザーのパスワード設定4

このエラーは「root ユーザーのパスワードが違う」って意味なので…修正をしていきます。

 

Cドライブ-pleiades-xampp-phpMyAdmin-config.inc.phpをメモ帳で開くために…ドラッグ&ドロップする。

MySQLの root ユーザーのパスワード設定5

 

上記作業で、開いたメモ帳の中で…下記画像のpasswordの所を探して…*の所に、rootユーザーのパスワード設定で入力したパスワードを入力する。

MySQLの root ユーザーのパスワード設定6

そして、先ほどエラーが出ていたページのphpMyAdminのページで、『F5』を押して更新するか…

http://localhost/へ再度アクセスすると、正常にアクセスできます。

 

次回起動時、XAMPPが起動しない場合…

もし、次回XAMPPが起動しないって事でしたら、コントロールパネルのApacheの『管理』ボタンから起動してみて下さい。

 

恐らく、ポートを変更したため…ブラウザにhttp://localhostと入力しても接続できないと思います。

 

まとめ

以上、2019年最新版の…XAMPP、Apache、MySQL必要最低限の設定をお伝えしました。

 

これで、ブラウザ上でデータベースを管理する事ができるようになり…データベースも使えますし、eclipseでPHPプロジェクトも作成できます。

 

これからが、PHPの本番なので…また何か良い情報があれば、発信していきたいと思います。

 

PHP
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たすくをフォローする
スポンサーリンク
Tasublog

コメント

  1. YAS より:

    ^_^