【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneインストール【2019最新版】

スポンサーリンク
PHP
スポンサーリンク

はじめに

「これからPHPを勉強しようかな?」

とか

「PHPを使って、Webサービスの開発をできるようになりたいな」

っていうことでしたら…

 

まず、あなたのパソコンを学習、開発ができる環境を構築するために…ツールをインストールする必要があります。

 

私も、これからPHPの学習をしていこうっていう超初心者です。

 

ツールは、たくさんあって…どれをどうやってインストールすれば良いか、悩むかと思いますが…

今回は、Pleiades All in One【2019最新版】についてお伝えしようと思います。

 

ちなみに…Pleiades All in Oneには、以下のものが入っております。

  • Eclipse(Java統合開発環境)
  • Pleiades(日本語化プラグイン)
  • xampp(Webサーバ、データベースの環境)
  • その他、プログラミング言語別の有用なプラグインetc…

 

初心者の方で、これからPHPをやっていこうって事でしたら、これを入れておけば事足りるって感じで…

やってくうえで、必要に応じてプラグインを追加していく流れが無難でしょう。

 

そこで今回は、PHPの開発環境を構築するために、Pleiades All in Oneのインストールの方法をお伝えします。

 

ちなみに、環境はWindows10の64bitで進めていきます。

 

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール

まず、MergeDoc Projectにアクセスして…

下記の赤枠の『Eclipse 2019-09(最新版)』をクリックする。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール1

 

続いて下記の赤枠、PHPのFull Editionの『Download』をクリックする。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール2

最新版は64bitしか対応してないようです。

 

ちなみに…ご自身の環境を調べる方法は、下記画像を参考にしてください。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール3

ウインドウマークを右クリックし、赤枠の『システム(Y)』をクリックして…

緑枠システムの種類を確認すれば、何ビットかが分かります。

 

ダウンロードが完了したら…

下記のように、ダウンロードしたzipファイルを…Cドライブの直下に移動して、名前を『pleiades.zip』に変更する。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール4

 

次に、フォルダ上で右クリックして『すべて展開』をクリックする。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール5

 

すると、下記の画面が出てくるので、そのまま赤枠の『展開』をクリックする。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール6

 

続いて…作成されたファイルの名前がpleiades.zipとなるので、.zipを消して名前を変更し、Cドライブへドラッグ&ドロップする。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール7

この作業は…

Cドライブ-pleiades-eclipse,xampp…』っていうシンプルな階層にするためです。

 

続いて、eclipseファイルの中の赤枠の『eclipse』をダブルクリックして起動する。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール8

 

すると、下記のような画面が表示されるのですが…これはXAMPPの初期設定をしています。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール9

 

初期設定が終わると、以下の画面に変わりますので…そのまま赤枠起動をクリックする。

data:text/mce-internal,content,%3Cimg%20class%3D%22alignleft%20size-thumbnail%20wp-image-3186%22%20src%3D%22https%3A//xxxincinf.com/wp-content/uploads/2019/12/aea9df3562bc71a6787d9ca2e89f0a0c-150x150.png%22%20alt%3D%22%22%20width%3D%22150%22%20height%3D%22150%22%20/%3E

eclipsのページが表示されますので…表示が確認できたら、×閉じで大丈夫です。

インストールは以上で終了ですが…続いて動作確認をしていきます。

 

動作確認

下記のように、XAMPPファイルの中の『xampp_start』をダブルクリックして起動する。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール11

 

下記のXAMPPが、無事に起動したらOKですが…すぐにこの画面が消えてしまうことがあれば…

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール12

 

下記のやり方で、コマンドプロンプトを起動して…

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール13

 

起動したコマンドプロンプトに、『xampp_start』をドラッグ&ドロップすれば…

エラーが表示されますので…ググって調べてみて下さい。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール14

 

 

xamppが正常に起動したって事でしたら…ブラウザでhttp://localhost/にアクセスして下さい。

 

下記のような画面が表示されたら、Apacheが正常に起動している事になります。

【PHP開発環境構築】Pleiades All in Oneのインストール15

 

動作確認は終了ですが…xamppを終了する時は、xamppファイルの『xamp_stop』をダブルクリックしてください。

 

まとめ

以上、PHPの開発環境を構築するために…Pleiades All in Oneのインストールの方法をお伝えしました。

 

インストールは済みましたが…恐らく、これから設定とかエラーやバグなんかに困らされていくかと思います。

 

設定については、下記リンクを参考にしてみてください。

 

 

お役に立てれば幸いです。

 

PHP
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たすくをフォローする
スポンサーリンク
Tasublog

コメント