イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン

スポンサーリンク
マインド
スポンサーリンク

はじめに

2020年1月11日にMr.都市伝説こと、関暁夫さんがYouTubeで発信された中で…

 

とある”イルミナティカードをスキャンするように促してる一節があり…

 

実際にスキャンしてみた内容が👇です。

こちらでは、イルミナティカードが何か?についても説明しております。

 

さらに、イルミナティカードは全部で500枚以上あるので…

別のカードもCOCOAR2のアプリでスキャンしていたところ、いきなり反応しました。

 

その反応したカードとは…

 

十分に発達した科学技術
Sufficiently Advanced Technology

 

で…実際のカードは👇です。

イルミナティカード『十分に発達した科学技術』

 

そこで今回は、イルミナティカード

『十分に発達した科学技術』

 

をCOCOAR2でスキャンした結果…流れて来た内容をお伝えします。

 

イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン

まずCOCOAR2とは👇で、AR再生用のアプリです。

COCOAR2

GooglePlayよりインストールが可能となっており…

インストールして起動し、何かをかざすと…アプリが反応して動画が流れてくるってものです。

 

しかし全ての物に反応するってワケではなく、特定のものにしか反応しないようでした。

 

そこで『十分に発達した科学技術』のカードが反応したって事で…

さらに、このカードに関連する人物をご紹介します。

 

それは、アーサー・C・クラーク氏です。

 

サー・アーサー・チャールズ・クラークSir Arthur Charles Clarke、1917年12月16日 – 2008年3月19日)は、イギリス出身のSF作家。20世紀を代表するSF作家の一人であり、科学解説者としても知られている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

そして、アーサー・C・クラーク氏が提唱している…

クラークの三法則というのがあるのですが…下記になりますので、ご覧ください。

クラークの三法則(クラークのさんほうそく)とは、SF作家アーサー・C・クラークが定義した以下の三つの法則のこと。

  1. 高名で年配の科学者が可能であると言った場合、その主張はほぼ間違いない。また不可能であると言った場合には、その主張はまず間違っている。
  2. 可能性の限界を測る唯一の方法は、不可能であるとされることまでやってみることである。
  3. 十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。

クラークの法則(後に第一法則と呼ばれることになる)は、著書『未来のプロフィル』(1962年)収録のエッセイ”Hazards of Prophecy: The Failure of Imagination”が初出である。第二法則については簡単な洞察がされているが明文化されてはおらず、実は仏訳の訳者が勝手に名づけてしまったもの。同著の改訂版(1973年)では、クラーク自身も第二法則の存在を認め、締めくくりとして第三法則を提案している。また加えて「ニュートンは3つの法則で満足したようなので、私もここで慎み深く止めておくことにする」とも述べている。 後に多くのSF作家がクラークの法則についての付則を述べている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

そうです『十分に発達した科学技術』とは…アーサー・C・クラーク氏が、生前に提唱していたものになります。

 

そして、肝心の実際に流れてきた動画は、どういった感じかといいますと…

 

重低音の機械音声が英語で流れてきて、その話している内容の字幕が下に流れております。

 

さらに、今まで説明した内容をふまえながらご覧ください。

 

イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン1
イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン2

イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン3

イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン4

イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン5

イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン6

イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン7

イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン8

イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャン9

 

動画でご覧になりたい方は👇です。

関暁夫さんのアレとは別のイルミナティカードスキャン

 

最後に

以上、イルミナティカード『十分に発達した科学技術』をCOCOAR2でスキャンして、流れて来た内容をお伝えしました。

 

これからの未来についてですが…

かの有名な、イーロンマスク氏は…脳にインタフェースを埋込む臨床試験を、2020年より開始するとされております。

 

そして、お金に関していえば…

現金やスマホの端末が、強制的に世の中から消えてしまうシステムを作り上げられてしまうと…

どうやって自分のお金を管理する方法があるでしょうか?

 

かなり先の話でしょうが…

体内のマイクロチップで、お金を管理するような時代が来てもおかしくはないかと思います。

 

こういった人間を機械に変えていく作業が、今年からどんどん加速していくのでしょうか…

 

アーサー・C・クラーク氏は、深く足をふみ入れなかったようですが…現在の人工知能が発達する未来を予測してたため…

発達した科学技術について、提唱していたのかもしれませんね。

 

COCOAR2のアプリをインストールして、自身でご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

マインド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たすくをフォローする
スポンサーリンク
Tasublog

コメント